home乳がんの基礎知識プロフィール無料小冊子youtube動画お問い合わせ


  • 無料メールマガジン 7日間集中プログラムあなたを助ける乳がんの基礎知識
メールマガジンご登録のかた全員に、過去3000件の質問に回答してきた外科医が教える
「乳がん検診Q&A」無料小冊子プレゼント





  • 最近のコメント

    人生のテーマ

    2017年2月25日

    ◎笑顔になる魔法の言葉◎

    次のテーマは何?

    ★魔法の御説明★

    一息ついてる

    場合ではありません。

    何かを解決したら

    また新たな問題に

    取り組もう。

    あなたの

    次のテーマは何?

     

    ▼メディ在宅クリニック▼

    在宅緩和ケア専門です。

    → http://meddy-clinic.jp

     

    ◎編集後記

    テレビや雑誌でも

    在宅医療が

    取り上げられることが

    増えてきました。

     

    病院に行かなくても

    お家でゆっくり

    待っていれば

    先生や看護師さんが

    来てくれる。

     

    そんな在宅医療の魅力が

    みんなに

    上手に伝われば

    より多くの患者様が

    救われます。

     

    2030年には

    人口の30パーセントが

    65歳以上になるという

    予想がなされています。

     

    もちろん

    65歳以上全員が

    動けないわけでは

    ありません。

     

    高齢者の定義も

    し直さないと

    いけないとは

    思います。

     

    実際

    パソコンを使いこなし

    元気に活動している

    80歳の方は

    たくさんいます。

     

    ボランティアや

    お仕事を

    まだまだ現役で

    されている

    高齢の方も

    たくさんいます。

     

    一概に

    年齢による

    未来の予想は

    難しいとは

    思います。

     

    それでも

    様々な準備や

    心構えは

    それぞれの皆様に

    必要になります。

     

    「あなたは最期を

     どこで迎えたいですか?」

     

    そんな質問が

    まことしやかに

    テレビから

    流れて来ます。

     

    「私は

     自宅で

     静かに眠るように

     最期を迎えたい。」

     

    穏やかに

    おじいさまや

    おばあちゃまが

    インタビューに答えます。

     

    もし仮に

    私がその質問を

    受けたとしても

    即答できません。

     

    その時の

    自分の主治医が

    どのような先生か。

     

    病院でも

    しっかり最期まで

    穏やかに

    過ごさせてくれるのか。

     

    それだけの病室が

    日本で用意できるのか。

     

    「もう治療はないので

     自宅に帰ってください。」

     

    そんな病院も

    たくさんあります。

     

    ただでさえ

    救急車の対応で

    病院のベッドは

    溢れています。

     

    重症な方が

    入院すれば

    患者様は

    高齢と言えども

    どんどん退院させられます。

     

    そのような状況で

    穏やかに病院で

    最期を迎えられるのか。

     

    果たして

    追い出された先の自宅に

    希望を持てるのか。

     

    自宅に責任を持った

    医師や看護師、

    そしてヘルパーさんは

    来てくれるのか。

     

    様々な問題が

    あります。

     

    それらすべてが

    2030年問題。

     

    希望通りの最期を

    迎えるためには

    希望通りの生き方を

    実現してくれる

    仲間たちが必要です。

     

    その仲間たちが

    確保できるのであれば

    安心して

    大切な時間を

    暮らしていけるのです。

     

    「あなたはどこで

     最期を迎えたいですか?」

     

    ではなく。

     

    「あなたは大切な時間を

     誰にゆだねますか?」

     

    責任を持って

    自分をみてくれる

    先生や看護師さん、

    ヘルパーさんが

    いてくれる場所なら

    どこでもいい。

     

    私はそう考えます。

     

    あなたも

    大切な時間を

    誰と過ごして

    そして

    誰にあなたの人生を

    守っていただきますか?

     

    人生には

    次々とテーマが

    現れます。

     

    それらを

    ひとつひとつ

    解決して

    いきましょうね。

     

    一息ついてる

    場合ではありません。

     

    何かを解決したら

    また新たな問題に

    取り組もう。

     

    あなたの

    次のテーマは何?

     

    こちらもどうぞ。

    在宅ホスピス医のブログ。

    「今日決まる」

    → http://yasumasatakahashi.com/archives/6978

     

    メルマガにご登録されますと

    私、高橋保正からの

    応援メッセージを毎朝お届けします。

    こちらからどうぞ↓↓


    乳がん無料小冊子プレゼント

    乳がん検診応援ブログは

    → http://blog.smile-again.net

    「末期がん」と言われてもあきらめないで

    → http://kanwa-care.com

    ご相談はこちらから(*^_^*)

    → http://blog.smile-again.net/soudan

    コメントを残す

    ※お名前はペンネームまたはイニシャルでお願いします。

    いつでもやり直せるさ

    2014年10月22日

    病気がおさえきれなかったり、

    順調だったけど

    再発したり。


    毎日頑張っていても

    思うように

    行かないことも

    あります。


    でもそれはきっと

    うまく行くために

    必要な通り道なのです。


    それでは

    今日も始まります。






    今日のひとこと:

    大丈夫。いつでもやり直せるさ。


    努力していても

    失敗や挫折はあります。


    でもそれは

    神様からの試練です。


    成功へ近づくために

    すべての試練は

    必要なのです。


    毎日の経験で

    無駄なことなんて

    何一つありません。


    だから大丈夫。


    いつでもやり直せるさ。





    メルマガでは

    私、高橋保正からの

    メッセージを毎朝お届けします。

    こちらからどうぞ↓↓


    乳がん無料小冊子プレゼント



    ご相談はこちらから(*^_^*)

    → https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

    コメントを残す

    ※お名前はペンネームまたはイニシャルでお願いします。

    人は人を映す鏡

    2014年10月21日

    昔から

    よく言われているけれど

    なかなか実践は難しいことって

    ありますよね。


    これも

    そんなひとつです。






    今日のひとこと:

    人は人を映す鏡です。

    自分の態度を変えれば

    相手の態度も変わります。


    まずは

    相手に優しく暖かく

    接すること。


    冷たく接すれば

    相手も冷たくなります。


    とても難しいことですが

    毎日

    心がけなければ

    ならないですよね。


    でもやっぱり

    冷たくされたら

    優しくしてあげるのは

    パワーが必要です。



    メルマガでは

    私、高橋保正からの

    メッセージを毎朝お届けします。

    こちらからどうぞ↓↓


    乳がん無料小冊子プレゼント



    ご相談はこちらから(*^_^*)

    → https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

    コメントを残す

    ※お名前はペンネームまたはイニシャルでお願いします。

    生まれくる命

    2014年10月19日

    一瞬、一瞬を

    大切にしなければ

    申し訳ない。


    自分にできることを

    毎日

    継続していくことで

    彼らに

    何かを残していきたい。


    今、この瞬間に

    生まれてくる命を

    意識することは

    大切なことですね。







    今日のひとこと:

    今、この瞬間に生まれてくる命がある。


    何も知らずに

    今、生まれてくる男の子、女の子。


    彼、彼女のために

    私たちは今

    何をするべきだろうか。


    「一人では何もできない。」


    そんな風に思わずに

    今日できることを考えて

    行動に移そう。


    些細なあなたの行動が

    輝かしい未来への

    第一歩になるのです。


    私もいつも

    生まれくる命、

    彼、彼女の未来のために

    できることを

    考えながら行動しています。



    メルマガでは

    私、高橋保正からの

    メッセージを毎朝お届けします。

    こちらからどうぞ↓↓


    乳がん無料小冊子プレゼント



    ご相談はこちらから(*^_^*)

    → https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

    コメントを残す

    ※お名前はペンネームまたはイニシャルでお願いします。

    悲しみの乗り越え方

    2014年10月14日

    例えば

    誰かを失ったとき。


    例えば

    あなたががんと診断を

    受けたとき。


    悲しすぎて

    何も見えなくなって

    しまうかもしれません。


    私たちには

    数々の試練が

    毎日襲ってきます。


    その試練を

    乗り越える方法が

    ひとつあります。


    こんな風に

    考えてみてください。







    今日のひとこと:

    すべての出来事には理由(わけ)がある。



    つらいこと、悲しいことは

    時々襲ってきます。


    そこには

    必ず理由が存在します。


    何らかの理由で

    自分に与えられた試練

    なのです。


    試練を乗り越えたあとには

    新しい世界が

    開けてきます。


    自分の中で

    理由を見つけてみよう。




    メルマガでは

    私、高橋保正からの

    メッセージを毎朝お届けします。

    こちらからどうぞ↓↓


    乳がん無料小冊子プレゼント



    ご相談はこちらから(*^_^*)

    → https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

    コメントを残す

    ※お名前はペンネームまたはイニシャルでお願いします。

    在宅緩和ケアとは

    2014年10月13日

    今日の

    メディ在宅クリニックの

    ハートフルステーション。


    時々、

    テーマを決めて

    お話をさせていただきます。






    今日のテーマ:

    在宅緩和ケアについて


    在宅緩和ケアとは・・


    お家にお伺いして

    がんの患者様の心のケアや体のケアを

    おこなうことが

    在宅緩和ケアです。


    必要であれば

    医療用の麻薬を使用し

    体の痛みを緩和します。


    笑顔のためには

    麻薬も必要であることを

    あなたへ

    お伝えしなくては

    いけません。



    メルマガでは

    私、高橋保正からの

    メッセージを毎朝お届けします。

    こちらからどうぞ↓↓


    乳がん無料小冊子プレゼント



    ご相談はこちらから(*^_^*)

    → https://88auto.biz/dr-yasuu/touroku/toiawase.htm

    2 件のコメント

    • あや より:

      高橋先生おはようございます
      昨日一日無声映画でしたが、今朝私のiPhoneに
      ある裏ワザを使ってみましたら、音声もでました。♪(v^_^)v
      さっそく、在宅緩和ケアーについてのお話。
      今迄の中でいちばん良かったです。やはり緩和ケアーこそ人のぬくもりが必要なんですね。
      言い方をかえれば人のぬくもりなくては緩和ケアーはできないかもしれないと思いました。
      高橋先生の手のぬくもりが嬉しく蘇るハートフルステーションでした。とても近くに感じました。

      • 高橋保正 より:

        あやさま

        動画を毎日ご覧いただき心より感謝申し上げます。温もりは大事ですよね。患者様がご自宅に戻られたときの最高の笑顔が大好きです。あやさま、いつも応援しています。

    コメントを残す

    ※お名前はペンネームまたはイニシャルでお願いします。
    home乳がんの基礎知識プロフィール無料小冊子youtube動画お問い合わせ
    PAGE TOP
    Copyright(c) 乳がん検診応援ブログ. All Rights Reserved.